審査は、ローンの手続きに必須のものですが、審査をクリアしないと、お金を貸してもらえなくなります。ローンの審査に通れないと、融資を受けることができないのは、どの金融機関でも共通することです。ローンの審査では、様々なポイントを精査して結果を出します。一般的には、ローンの審査で高く評価をされるためには、勤続年数が長く、年収が安定していることだと言われています。融資金を、期日までに間違いなく返済するだけの返済能力を持っているかを知るために、金融機関は審査をしています。返済能力が有るのかどうか、お金を滞りなく返すだけの経済力を維持する環境が有るかどうかを評価しています。勤務先の会社が、潰れたり、経営が傾きそうな気配があるかも、ローンの審査では警戒しているようです。健康保険に入っているかどうかは、見落とされがちな点ですが、ローンの審査では重要視されています。大手の健康保険組合に入っているという人のほうが、ローンの審査では有利に働くことが多いようです。大きな怪我や、深刻な病気にかかったときは健康保険から医療費が補填されます。ただし、国民健康保険は、保険料を支払ってる必要があります。ローンの返済をしなければいけない時に、健康保険等の支払いがあると月々の出費が制限されますが、企業の健康保険は給料天引きなので支障ありません。ローンの審査に落ちる理由としては他のローンの返済延滞などの問題も有りますが、実はこの健康保険が非常に重要視されていると言われています。