もしも、不動産を新しく購入する際に、住宅ローンの申し込みをするつもりでいるなら、住宅ローン控除についても調べましょう。もしも、住居を新しく購入する時に住宅ローンを使うことになったのに、住宅ローン控除について知らないと、気づかぬうちに損をします。もしも、これから家を購入し、住宅ローンを利用したいという人がいた時は、支払い負担を緩和するための控除を使うべきでしょう。制度の内容は、年末の住宅ローン残高と住宅の取得対価の内で、少ない方の金額の1%をその年の所得税から10年間控除してくれるというものです。所得税だけでは、控除額をカバーしきれない時には、一定金額までなら住民税からも引くことができるので、節税をしたいという時にはとても助かります。しかし、この対象となる年末ローン残高等には上限が設けられていて、入居した年の税制が適用とされる事となっています。家を買った時期によって、住宅ローンの控除額は大きく左右されることになりますので、ある程度の目星はつけておくといいでしょう。現時点では、住宅ローンの控除は400万円までとになっていましたが、平成26年までは、住宅ローンの控除は200万円と定められています。平成26年を境に住宅ローンの控除額が大きく変わったのは、消費税率が変わったことが控除見直しのきっかけになっています。住宅ローン控除を受けるには、自分で税務署に対して確定申告を行わなければならず、制度について理解しておく必要があります。住宅ローン控除について調べ、確定申告用の書類の作成が面倒だと思う人もいますが、便利な仕組みは使うに越したことはありません。住宅ローン控除は、最長で10年もの間、所得税や住民税を節税する事が出来るので、しっかり勉強して活用することをおすすめします。