住宅ローン控除はどのくらいの減税効果があるのか、これからマイホームを建てようと考えている人にとっては気になるところです。住宅ローンはどのように控除されるかや、還付金額について、最初から詳しいという人は滅多にいません。家を増築、改築した場合や、新居を購入する時に、住宅ローンを組むと、条件を満たしている人が控除対象になりえます。所得税から差し引かれる住宅ローン控除の額は、ローンを組んだ年からずっと、10年〜15年は続くという形です。住宅ローン控除を適用した結果、還付金が発生したという時は、税務署に還付金の申請をすれば、お金が戻ってきます。還付金とは、一度は納めた税金を返してもらうというものなので、申請しないでいると、支払い過ぎてしまうことになります。住宅ローン控除の金額は、年末の時点における住宅ローンの残高に一定の割合を乗じて計算されるようになっています。新しい家に住み始めた年と、住み始めから何年が経過したかによって、0.5から1.0%くらいが対象額になります。年末のローン残高がとても高かったとしても、控除額は上限がありますので、額が高額になりすぎるということはないようです。控除額として計算した金額がそのまま適用されるのではなく、上限額と比較して、少ないほうの金額が使われるわけです。住宅ローン控除では、還付金処理が行われることがあります。源泉徴収の金額が、控除額よりも高くなった時が該当します。源泉徴収の金額と、控除額を比べてみて、控除額のほうが多くなっていれば、所得税が戻ってくることがありますので、確認してみてください。